Reuters logo
クリミア情勢、対ロ制裁回避やG8首脳会議開催に向けた変化ない=独首席報道官
2014年3月5日 / 15:32 / 4年前

クリミア情勢、対ロ制裁回避やG8首脳会議開催に向けた変化ない=独首席報道官

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツ政府のザイベルト首席報道官は5日、ウクライナのクリミア半島情勢について、ロシアへの制裁回避や、6月の主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)開催につながる著しい変化が見られないとの認識を示した。

同氏は「ドイツ政府は引き続き、ウクライナ情勢について警戒を要すると考えている」と指摘。「ロシアは、不安定化につながる恐れのある行動を止める必要がある」と述べた。

また、G8首脳会議の準備は今月末まで中止されていると説明。「首脳会議開催には一定の環境が必要だ。現状ではそうした環境は存在していない」と話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below