Reuters logo
米国株式市場サマリー(5日)
2014年3月5日 / 22:58 / 4年前

米国株式市場サマリー(5日)

[5日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)      終値       16360.18(‐35.70)      始値       16395.88      高値       16406.55      安値       16343.96 ダウ輸送株20種      7489.65 (+23.57) ダウ公共株15種      514.93 (‐3.64) NYSE出来高概算     6.65億株    値上がり(銘柄)   1436    値下がり(銘柄)   1540    変わらず        158 S&P総合500種      終値       1873.81(‐0.10)      始値       1874.05      高値       1876.53      安値       1871.11 ナスダック総合      終値       4357.97(+6.00)      始値       4352.76      高値       4362.50      安値       4344.15 フィラデルフィア半導体株指数     571.30 (+1.18) シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)清算値 14900 (+20) 大証終値比 シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 清算値 14890 (+10) 大証終値比

5日の米国株式市場ははほぼ横ばい。雇用やサービス部門の統計が弱い内容となったがほとんど材料視されず、ウクライナ情勢に注目が集まった。

2月のADP全米雇用報告は民間部門雇用者数の増加幅が市場予想を下回り、2月のISM非製造業景気指数も前月から低下して2010年2月以来の低水準となった。

トレーダーは、経済指標の下振れは冬の悪天候が原因で一時的な動きとみており、今後も弱い統計が続けば米株式市場は大きく下げる可能性がある。

米連邦準備理事会(FRB)が地区連銀経済報告(ベージュブック)を公表したが市場は反応薄。報告は8地区について経済が「控えめから緩やかに」成長したとの認識を示し、厳しい天候によりほとんどの地区で小売売上高の伸びが鈍化した。

市場参加者は引き続きウクライナ情勢に注目している。ロシアと西側諸国はウクライナ問題やクリミア情勢をめぐり激しく対立。市場はこの日は静かな取引となったが、ウクライナ情勢が流動的なことから、相場は大きく動きかねない状況だった。

バンク・オブ・アメリカ が3.2%高となり、モルガン・スタンレー も2.8%上昇。S&P金融株指数は0.7%上がって全体を押し上げた。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のフェイスブック も取引時間中の最高値を更新するなど、ハイテク株で堅調な銘柄が目立った。フェイスブックは4.0%高で終わった。

半面、石油大手エクソンモービル が1.8%、 ナイキ が1.5%それぞれ下落し、ダウ平均を圧迫した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below