Reuters logo
ドル/円は神経質な動き、ウクライナ情勢などにらみ=来週の外為市場
2014年3月14日 / 08:38 / 4年前

ドル/円は神経質な動き、ウクライナ情勢などにらみ=来週の外為市場

[東京 14日 ロイター] - 来週の外為市場は、引き続き神経質な動きになりそうだ。ウクライナ情勢や中国の景気鈍化懸念でリスク回避の動きが広がればドル/円 で円高圧力が高まると警戒されている。一方、米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小が継続された場合、日米の金融政策の違いがあらためて意識され、ドル高圧力が発生しそうだ。情勢が流動的なだけに、振れが大きい相場展開が続く可能性がある。

予想レンジは、ドル/円が100.50―103.00円、ユーロ/ドルが1.3750―1.3950ドル。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

為替マーケットチーム

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below