Reuters logo
〔株式マーケットアイ〕日経平均は安値圏、地政学リスクを意識した海外勢の売り
2014年3月14日 / 01:17 / 4年前

〔株式マーケットアイ〕日経平均は安値圏、地政学リスクを意識した海外勢の売り

[東京 14日 ロイター] -

〔株式マーケットアイ〕

<10:10>  日経平均は安値圏、地政学リスクを意識した海外勢の売り

日経平均は安値圏、1万4400円台前半で推移している。不動産、保険、機械などの下げが大きい。市場では「パニック的な売りが出ているわけではないが、週末に地政学リスクが高まる可能性があり、海外勢から短期的なリスクを回避する売りが出ている」(大手証券)との声が出ている。

<09:20>  大幅続落、ウクライナ懸念高まり全面安

寄り付きの東京株式市場で日経平均は大幅続落。ケリー米国務長官が、クリミア自治共和国でロシア編入の是非を問う住民投票が予定通り実施されれば、「一連の重大な措置」を発動させると述べたほか、ロシアがウクライナ国境付近で軍事演習を開始したことを受けて、ウクライナ情勢をめぐる懸念が高まった。外為市場でも一時1ドル101円台半ばと円高が進み、東京市場でも全面的に売りが先行する展開となった。

日経平均は寄り付き後に一時400円超まで下落した。ファーストリテイリング やソフトバンク など値がさ株が安い。

また、引き続き中国景気への不安も意識されている。13日に発表された中国の鉱工業生産や小売売上高などの指標は軒並み予想を下回り、これを受けてロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月物は1トン=6415ドルに下落した。

<08:40>  寄り前の板状況、新興株は売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、ガンホー 、コロプラ 、アドウェイズ 、デジタルガレージ 、サイバー 、ミクシィ が売り優勢。一方、12日に上場したエンバイオHD は買い優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below