Reuters logo
世界株安こうみる:ウクライナ情勢を懸念した短期的なリスク回避=野村証 伊藤氏
2014年3月14日 / 02:07 / 4年前

世界株安こうみる:ウクライナ情勢を懸念した短期的なリスク回避=野村証 伊藤氏

[東京 14日 ロイター] -

<野村証券エクイティ・マーケット・ストラテジスト 伊藤高志氏>

ウクライナ情勢を中心に国際的なリスクが高まり、ヘッジファンド等が条件反射的に日本株への売りを出したと考えられる。国際分散投資を行う投資家にとって、日本株は先進国の中で比較的リスクの高い資産とみなされているため、振れ幅が大きくなりやすい。週末でもあり、売りが先行したとみられる。オバマ米大統領とロシアのプーチン大統領が簡単に折り合える状況ではなく、問題は長期化する懸念もある。ただ、VIX指数などを見る限り、海外投資家がパニックになっているわけではない。きょうの株安については、短期的なリスク回避だろう。

一方、日本株の下落は消費税率引き上げという独自要因もある。悪材料を事前に織り込む動きと言えるが、株価が下落して割安感が出てくれば、年金資産などによる買いも入るとみている。日経平均はすでに当面の安値水準に到達したと考えている。今後3カ月の予想レンジは1万4400―1万6000円。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below