Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル、NZドルとも高値から後退
2014年3月14日 / 03:42 / 4年前

シドニー外為・債券市場=豪ドル、NZドルとも高値から後退

[シドニー/ウェリントン 14日 ロイター] - 週末14日午前のオセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが高値から後退した。ウクライナ情勢の緊迫化や弱い内容の中国経済統計が背景。

  豪ドル は、予想を上回るオーストラリアの雇用統計を受け前日に1豪ドル=0.9104米ドルまで上昇したが、直近では0.9034米ドルまで戻している。0.3%安で今週の取引を終えるペース。   下値支持線は0.9013米ドル、上値抵抗線は0.9045米ドル、次が0.9080米ドルとみられる。   比較的安全とされる円に対して、直近では1豪ドル =91円77銭。週間では約3円下落した。   ウクライナ南部クリミア半島でロシア編入の是非を問う住民投票が実施された場合、欧米がロシアに制裁を発動する可能性があることが豪ドルを圧迫した。   中国当局が13日公表した投資や小売売上高、鉱工業生産の統計はいずれも数年ぶり低水準となった。   コモンウェルス銀行のストラテジスト、ジョセフ・カプルソ氏は「豪ドルは中国の3つの経済統計がすべて予想を下回ったことを受け、意外にも上昇した。豪ドルはもっと下落すると考えていた」と述べた。   同氏は、18―19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで豪ドルは0.90米ドルを上回る水準で推移するとみている。   豪ドルの対米ドル相場は、年初来では1%超高を維持している。一連の良好な豪経済指標を受け、最近では3カ月ぶりの高値となる0.9135米ドルを付けた。   良好な豪経済指標により、市場は豪準備銀行(RBA、中央銀行)が追加緩和する可能性を織り込まなくなっており、銀行間先物市場では追加利下げの可能性は10分の1と予想されている。

  高利回りのNZドル は、前日に付けた11カ月ぶりの高値の1NZドル=0.8607米ドルから下落し、直近では0.8540米ドル。   対円 でも6年ぶりの高値から下落し、直近では1NZドル=79円80銭。   ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中銀)が13日、0.25%の利上げを決めたことからNZドルは上昇したが、ウクライナ情勢の緊張や中国経済への懸念から高リスク資産の売りが加速し、上げ幅は縮小された。

  豪債券先物は数カ月ぶりの低水準から上昇。3年債先物 は8ティック高の97.035、10年債先物 は6.5ティック高の95.940。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below