Reuters logo
米MMFのレポ取引、2月は3年超ぶりの低水準=JPモルガン証券
2014年3月14日 / 05:12 / 4年前

米MMFのレポ取引、2月は3年超ぶりの低水準=JPモルガン証券

[ニューヨーク 13日 ロイター] - JPモルガン証券が13日に発表したリポートによると、米マネー・マーケット・ファンド(MMF)の中でも「プライム」と呼ばれる有力MMFの銀行や証券会社とのレポ取引が2月は3年超ぶりの低水準となった。

国債などを担保にした短期の融資であるGCレポで、MMFは貸す側。銀行や証券会社はレポで調達した資金を日々の資金繰りに活用する。

リポートによると、2月は、プライムMMFの民間とのレポが大幅に減少する一方、米連邦準備理事会(FRB)が金利正常化の手段として試験的に実施しているリバースレポ取引が増えた。

GCレポ取引(ドルベース)は2011年4月の水準を下回り、JPモルガン証券が統計を開始して以来、最低となった。これに対し、リバースレポは200億ドル増え1000億ドルとなった。

リポートは、連邦預金保険公社(FDIC)が銀行に課す預金保険料の新たな評価法が実施されたことが影響している、と指摘した。

JPモルガン証券によると、2月末時点のプライムMMFの総資産は前月から370億ドル減少し1兆0980億ドル。うち、銀行・証券とのレポ取引の割合は10.3%で2011年4月の10.2%をわずかに上回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below