Reuters logo
上海外為市場=人民元下落、弱気な地合い強まる
2014年3月14日 / 06:52 / 4年前

上海外為市場=人民元下落、弱気な地合い強まる

[上海 14日 ロイター] - 14日の上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落した。中国人民銀行(中央銀行)はこの日の対ドル基準値を元安・ドル高方向に設定。人民銀による最近の元安誘導を受けて弱気の度合いを増している人民元の地合いが一段と悪化した。

人民元のスポット相場 は、正午時点で1ドル=6.1455元と、前日終値に比べ0.15%の元安・ドル高。取引開始前に人民銀が設定した基準値 は6.1346元と、前日の6.1320元に比べ0.04%の元安・ドル高水準だった。

トレーダーらは、人民銀が3月初旬に急速な元安誘導を行って世界中のマーケットを驚かせたのは、投機筋に人民元が歯止めなく上昇すると思わせないようにするためだったとみている。

上海に拠点を置く中国の商業銀行のトレーダーは「人民元の将来の価値に対する地合いはますます弱気になっており、企業筋は最近、稼いだドルをそれほど売りたがっていない」と指摘。「これによりドルの需給バランスが改善し、短期的には人民元相場は比較的安定して推移する可能性がある」と述べた。

トレーダーらは、人民銀が方針を転換しなければ、向こう数週間は人民元が1ドル=6.12─6.16元の値幅で動くとみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below