Reuters logo
タイ・ホットストック=反落、投資家のリスク回避姿勢に
2014年3月14日 / 08:33 / 4年前

タイ・ホットストック=反落、投資家のリスク回避姿勢に

[バンコク 14日 ロイター] - 週末14日中盤のバンコク株式市場の株価は反落。SET指数 は0715GMT時点で前日終値比0.43%安の1364.58となっている。ウクライナ情勢の緊迫化を受け、投資家のリスク回避姿勢が強まっている。

SET指数は前週末比では0.7%高。タイ中央銀行の利下げと非常事態宣言の解除見通しをはやし、地合いは改善している。   フィリップ証券のストラテジストはリポートで「非常事態宣言の解除という楽観的な見方から、市場心理は短期的には良好になるだろう。一方、マクロ経済面では不透明感が強まっている」と指摘した。

通信大手トゥルー・コーポレーション は0.7%安。前日は外国人投資家がブロックトレード(大口取引)で24億バーツ(7434万ドル)の同社株を購入したのを受け、7週間ぶり高値を付けていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below