Reuters logo
インド株式市場・序盤=反発 サン・ファーマが上昇、ランバクシーには利食い売り
2014年4月7日 / 05:07 / 3年前

インド株式市場・序盤=反発 サン・ファーマが上昇、ランバクシーには利食い売り

[7日 ロイター] - 
    SENSEX指数    前営業日比    出来高概算
  0444GMT 22392.37     32.87高    0.13億株
    寄り付き    22355.56      3.94安
    前営業日終値  22359.50    149.57安    4.08億株
    
    7日序盤のインド株式市場は反発。
    0444GMT(日本時間午後1時44分)時点で、SENSEX指数(ムンバイ証
券取引所に上場する30銘柄で構成) は32.87ポイント(0.15%)高の
2万2392.37。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成) は15.2
5ポイント(0.23%)高の6709.60。
    
    医薬品のサン・ファーマシューティカル・インダストリーズ は一時4%上昇
。同社は、第一三共 傘下のインド製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズ<RANB.
NS>を32億ドルで買収すると発表した。
    一方、ランバクシーには利食い売りが出て、一時3.2%安まで売られた。同社の株
価は前営業日まで6営業日連続で上昇し、その間の上昇率は32.6%に達していた。
    ほかの優良銘柄では、インド国営ガス会社GAIL(ゲイル) が2.1%
高、ラーセン・アンド・トウブロ(L&T) が1.2%で推移している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below