Reuters logo
ラファルジュとホルシムが合併発表 世界最大のセメント会社に
2014年4月7日 / 22:43 / 3年前

ラファルジュとホルシムが合併発表 世界最大のセメント会社に

[パリ/チューリヒ 7日 ロイター] - スイスのセメント大手ホルシム は7日、フランスの同業ラファルジュ との合併を発表した。年間売上高440億ドルと世界最大のセメント会社が生まれる。

セメント業界の対等合併としては過去最大で、ホルシムがラファルジュを買収する形を採る。ラファルジュの株主は同社株1株に対しホルシム株1株を受け取り、ホルシムの株主が新会社の53%を保有する。

新会社の社名はラファルジュホルシムで、時価総額は約600億ドル。本社はスイスに置き、チューリヒとパリの両市場で上場する。両社は合併から3年間の経費節減効果を年14億ユーロと見込んでいる。

両社幹部は、ラファルジュがアフリカ、ホルシムが中南米に強く、地域的に補完関係にあると指摘。新会社のトップに就任するラファルジュのブルーノ・ラフォン最高経営責任者(CEO)は「ラファルジェホルシムはバランスの取れた形で全世界に展開する」と述べ、本社はスイスだが欧州全域に根を張る企業になると強調した。

一方、ラファルジェとホルシムは、各国・地域の規制当局から合併の承認を得るため、利払い・税・償却前利益(EBITDA)の10─15%に相当する50億ユーロ相当の事業を売却する方針。ラフォンCEOは欧州委員会など規制当局とすぐにも交渉を開始すると述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below