Reuters logo
インド株式市場・中盤=反発、コール・インディアなどが高い
2014年5月22日 / 06:22 / 3年前

インド株式市場・中盤=反発、コール・インディアなどが高い

[22日 ロイター] - 
    SENSEX指数    前営業日比    出来高概算
    0555GMT 24450.95     152.93高    2.66億株
    寄り付き    24415.42     117.40高
    前営業日終値  24298.02     78.86安    5.73億株
    
    22日中盤のインド株式市場は反発。
    
    0555GMT(日本時間午後2時55分)時点で、SENSEX指数(ムンバイ証
券取引所に上場する30銘柄で構成) は152.93ポイント(0.63%)高
の2万4450.95。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成) は41.4
5ポイント(0.57%)高の7294.35。

    国営石炭会社のコール・インディア は7%上昇。401.40ルピーで上
場来高値を付ける場面もあった。ロイターは次期首相となるナレンドラ・モディ氏がコー
ル・インディアを分割し、石炭産業を海外からの投資に開放する案を検討していると伝え
た。
    
    インド準備銀行(中央銀行、RBI)が金の輸入規制を緩和し、銀行が国内宝飾品メ
ーカー向けに金購入のための融資を供与することを容認したため、宝飾品関連株が上昇し
た。
    タイタン は8.2%高。ギタンジャリ・ジェムズ 、ラジェシュ・
エクスポーツ はそれぞれ13.4%、12.1%上昇した。
    
    マルチ・スズキ は5%高。経済成長が加速し、業界全体の乗用車販売が年
20%伸びるというシナリオでは、マルチ・スズキの株価が3年以内に倍になる可能性が
あるとの見方をCLSAが示し、材料となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below