Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(6日)
2014年10月6日 / 07:07 / 3年前

東京マーケット・サマリー・最終(6日)

[東京 6日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
    
          ドル/円   ユーロ/ドル  ユーロ/円 
    午後5時現在 109.41/43 1.2535/39 137.15/19
  NY午後5時 109.78/80 1.2514/16 137.34/38
    
    午後5時のドル/円 は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べてド
ル安/円高の109円前半。朝方は輸入企業のドル買いが観測されたが、一巡後は短期筋
の利食いに押されたほか、輸出企業のドル売りが出てじり安の展開となった。
    
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    15890.95円(182.30円高)
         15808.22円─15970.65円
 東証出来高   20億0026万株
 東証売買代金  1兆9845億円
    
    東京株式市場で日経平均は続伸。一時、前日比で262円高となり、節目1万600
0円に迫る場面があった。3日に発表された9月米雇用統計が予想を上回る内容となり、
前週末の米国株が大幅に上昇。ドル/円 が1ドル109円台後半へと円安に振
れたことも日本株上昇を支援した。大引けにかけてやや伸び悩んだが、東証1部上場銘柄
の85%が値上がりし、ほぼ全面高となった。

  東証1部騰落数は、値上がり1571銘柄に対し、値下がりが194銘柄、変わらず
が65銘柄だった。
  
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時19分現在

 無担保コール翌日物金利                0.060%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り         ─0.020%(─0.008)
                         ─0.020 ─ ─0.020%
 ユーロ円3カ月金利先物(2015年3月限)    99.810(─0.010)
                安値─高値     99.810─99.820

  無担保コール翌日物金利の加重平均レートは、速報ベースで0.060%になった。
地銀、信託、証券を主な取り手に、取引レンジは0.055─0.060%付近。大手行
は0.055%で一部調達した。取引金利は前週末と大きく変わらなかった。レポ(現金
担保付債券貸借取引)GCT+1レート(平均)は低下。再び需給がひっ迫している国庫
短期証券の新発3カ月物(第483回債)は前週末比0.008%低いマイナス0.02
0%で出合いを付けた。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・12月限(大証)       145.97(─0.01)
                 安値─高値   145.90─146.02
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値)  0.515%(変わらず)
                 安値─高値   0.520─0.515%

    長期国債先物は小反落。前週末の海外市場で、9月米雇用統計が改善傾向を示し、米
債が下落した流れを引き継いで売りが先行。ただ、日経平均株価の大幅続伸にも感応度は
鈍く、底堅く推移した。引き続き好需給を反映した格好。現物債は、中長期ゾーンが外部
環境がアゲンストだったため、小規模な調整売りが優勢になる場面があった。超長期ゾー
ンには、値ごろ感による押し目買いが終盤にかけて入った。
    長期国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比1銭安の145円97銭。1
0年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.515%。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<CDS市場>

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、きょうから新たな指標となっ
たiTraxxJapanシリーズ22に67―70bpの気配が示された。3日の米株
高や欧米CDS指数のタイト化に加え、6日の日本株も堅調に推移したため、前指標のシ
リーズ21の気配が前週末の水準(64bp付近)よりも4bp程度低い58―62bp
で推移したことが影響しているようだ。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>

スワップ金利(17時38分現在の気配)

       2年物 0.21%─0.11%
       3年物 0.22%─0.12%
       4年物 0.25%─0.15%
       5年物 0.30%─0.20%
       7年物 0.44%─0.34%
      10年物 0.70%─0.60%

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below