Reuters logo
タイ国王が胆のう摘出、術後の容体は良好=王室庁
2014年10月6日 / 06:42 / 3年前

タイ国王が胆のう摘出、術後の容体は良好=王室庁

[バンコク 6日 ロイター] - タイのプミポン国王が5日夜に胆のうの摘出手術を受けた。王室庁が6日、発表した。術後の国王の経過は良好で、熱も下がっているという。

王室庁の発表に先立ち、プラユット暫定首相は首都バンコクのシリラート病院を訪れ、入院中の国王を見舞った。

プミポン国王は86歳で在位期間が世界最長。発熱や血圧の乱れから3日遅くに入院していた。それ以前にも、前月まで5週間近くにわたり胃炎の治療を受けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below