Reuters logo
UPDATE 1-為替水準には言及しない、円安はプラス・マイナス両面の影響=安倍首相
2014年10月6日 / 07:17 / 3年前

UPDATE 1-為替水準には言及しない、円安はプラス・マイナス両面の影響=安倍首相

(内容を追加しました)

[東京 6日 ロイター] - 安倍晋三首相は6日午後の衆院予算委員会で、為替の水準については言及しないとしたうえで、円安にはプラス、マイナス両面の影響があるとの認識を示した。円安による輸入価格高騰が中小企業や地方経済、消費者に影響を与えるのも事実だとし、対策を打つと同時に影響を注視すると語った。

浅尾慶一郎(みんなの党)の質問に答えた。

安倍首相は、一時1ドル110円まで進行した円安の影響について「輸入価格の高騰などでマイナスの影響を受ける企業がある一方、輸出企業や海外展開をしている自動車等にとってはプラスになる」と発言した。

さらに「円高が行き過ぎれば、海外への移転を決断し、国内での設備投資より海外での設備投資を行うことになる。ものづくりの会社にものを納めている会社も含めて、根っこから、仕事がなくなるという問題もある」と指摘。

一方、「他方、円安方向の動きに伴う輸入価格の高騰は、エネルギー価格の上昇を通じて中小企業・地方経済・消費者に影響があるのも事実で、対策をうっていくと同時に、影響を注視していきたい」と語った。

そのうえで、政権奪還後の安倍政権で円高が是正された結果、「当初の予測ほど伸びてはいないが、輸出減は顕著に止まったのも事実。ビジネス環境の変化において、投資を考える際、今度は海外ではなく、国内に投資する企業が出てくることを期待している」と述べた。 (吉川裕子 編集:野村宏之)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below