Reuters logo
UPDATE 1-米失業保険申請4週間移動平均・受給総数、2000年以来の低水準
2014年10月23日 / 13:32 / 3年前

UPDATE 1-米失業保険申請4週間移動平均・受給総数、2000年以来の低水準

(内容を追加しました。)
    [ワシントン 23日 ロイター] - 米労働省が発表した10月18日終了週の新
規失業保険申請件数は、前週比で1万7000件増え、28万3000件(季節調整済)
となった。
    ただ、4週間移動平均が3000件減の28万1000件と、2000年5月以来の
低水準だった。基調トレンドは、労働市場が底堅さを増したことを引き続き示している。
    新規申請件数は、市場予想にほぼ一致した。前週まで3週連続で減少していた。
    今回の指標は、10月雇用統計の調査期間と重なった。4週間平均は、9━10月調
査期間中で1万8750件減り、堅調な雇用増が続いたことを示している。
    10月11日終了週の受給総数は3万8000件減の235万件で、2000年12
月以来の低さだった。長期失業者の一部が職を見つけつつあることを示した。
    BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、ジェニファー・リー氏は今回
の指標について「10月も引き続き、雇用創出が進んだことを示した」と話した。
   指標発表を受けて、ドルが円に対して一時、約2週間ぶりの高値をつけた。
    
    詳細は以下の通り。
    
    
  (失業保険・Rは修正値)
  日付までの週  申請件数  4週間移動平均   受給総数    受給者比率(%)
    10/18/14       283,000       281,000             N/A         N/A
    10/11/14       266,000-R     284,000-R     2,351,000         1.8
    10/04/14       287,000       287,750       2,389,000         1.8
    09/27/14       288,000       295,000       2,382,000         1.8
    09/20/14       295,000       299,000       2,402,000         1.8
    09/13/14       281,000       299,750       2,442,000         1.8
    09/06/14       316,000       304,250       2,432,000         1.8
    08/30/14       304,000       303,250       2,492,000         1.9
    
  エコノミスト予想
    申請件数: 282,000
    受給総数: 2.380 mln

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below