Reuters logo
BUZZ-〔外為マーケットアイ〕ドル108円前半、日銀追加緩和期待が再燃か
2014年10月23日 / 23:48 / 3年前

BUZZ-〔外為マーケットアイ〕ドル108円前半、日銀追加緩和期待が再燃か

[東京 24日 ロイター] -

〔外為マーケットアイ〕

<8:41> ドル108円前半、日銀追加緩和期待が再燃か

ドル108.15円付近。

市場では、日銀がインフレ率1%割れの可能性を意識していると一部報道で伝わったことが、前日海外時間のドル上昇につながったとの指摘もある。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、日銀は日本のインフレ率が1%を割り込む確率が大幅に高まったとみている。日銀の事情に詳しい関係筋が明らかにしたところによると、原油安がインフレを下押ししているためで、追加緩和をめぐる市場の臆測が再燃する可能性がある。

日銀の追加緩和については「来年1月が有力だ。消費再増税の決定後、補正予算と合わせ技で行われるのではないか」(クレディ・アグリコル銀行・外国為替部エクゼクティブ・ディレクター、斎藤裕司氏)との見方も出ている。

<7:50> きょうの予想レンジはドル107.70―108.70円、株にらみ底堅い

ドル/円は108.20円付近、ユーロ/ドルは1.2653ドル付近、ユーロ/円は136.91円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が107.70―108.70円、ユーロ/ドルが1.2600─1.2700ドル、ユーロ/円が136.30―137.50円。

東京時間のドル/円は、108円前半を中心に底堅く推移しそうだ。この日は週末ということもあり利益確定やポジション調整が出やすいとみられるが、市場では「株高がサポートしそうだ」(国内金融機関)との声が出ている。

一方、海外時間に入ってから大きく動くことが増えており、東京時間で上値を伸ばしきれなかった場合は「海外参加者の利食いが入っていったん107円後半に沈む可能性も捨てきれない」(同)という。

23日のニューヨーク市場では、ドルが主要通貨に対して上昇した。米経済指標が底堅く、ユーロ圏と中国の購買担当者景気指数(PMI)も改善する中、リスク選好相場となった。ドル/円は108.36円まで上昇し10月8日以来の高値をつけた後、小幅に下押しされる場面があったものの、108円台を維持して東京時間を迎えた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

クロス円の時系列レート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

為替関連ニュース

外為市場リポート[JPY/J]

外為マーケットアイ[JPY/JU]

焦点・アングル・特集 

クロスマーケットアイ[.JPCM]

主要国の経済指標発表予定と予想一覧

主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

速報ニュース[AA][AA-RS]

財政・金融政策の当局者発言ニュース

規制・監督関連ニュース

ファンド関連ニュース

欧州市場サマリー

NY市場サマリー

世界の主要株価指数

外国為替・マネー総合メニュー

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below