Reuters logo
〔金利マーケットアイ〕国債先物は続伸で寄り付く、中心限月は3月限に移行
2014年12月10日 / 00:11 / 3年前

〔金利マーケットアイ〕国債先物は続伸で寄り付く、中心限月は3月限に移行

[東京 10日 ロイター] -

〔金利マーケットアイ〕

<09:00> 国債先物は続伸で寄り付く、中心限月は3月限に移行

国債先物中心限月3月限は前日比2銭高の147円12銭と続伸して寄り付いた。前日の海外市場で、世界景気懸念やギリシャ不安などを背景にしたリスク回避の動きから、安全資産の米独債が買われた流れを引き継いだ。一方で、高値警戒感が意識され、高寄り後は伸び悩んでいる。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比変わらずの0.415%。

朝方に11月企業物価指数(CGPI)や10―12月期法人企業景気予測調査が発表されたが、相場への影響は限られている。

先物3月限は、朝方の取引で12月限を出来高で上回った。この結果、中心限月は12月限から3月限に移行した。

<08:30> 翌日物0.063─0.065%中心、主な取り手は地銀・証券など

無担保コール翌日物は0.063─0.065%を中心に取引されている。主な取り手は地銀、信託、証券。大手行は朝方に0.060─0.062%で調達意欲を示したが、一部で0.065%に水準を引き上げる動きもある。市場では「大手行から一部0.065%で取り気配が示されている分、前日に比べて地合いはやや強め」(国内金融機関)という。

日銀によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は167兆4000億円程度、準備預金残高は129兆2000億円程度となる見込み。

<07:10> 翌日物は0.06%前半が中心か、当預残167.4兆円見込み

無担保コール翌日物は0.06%台前半を中心に取引されそうだ。資金過不足は季節的な要因で不足傾向が続いているが、日銀当座預金残高は160兆円台後半の高水準に保たれており、資金余剰の状況に変化はない。「地銀、信託で0.063─0.065%付近、大手行で0.060─0.062%付近から取引が始まるのではないか」(国内金融機関)という。

9日の加重平均金利(速報ベース)は、前営業日比0.008%上昇の0.073%だった。

日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は9日に比べて1兆3000億円減の167兆4000億円程度が見込まれている。残り所要積立額は900億円。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below