Reuters logo
株式こうみる:過熱感弱まり仕切り直しへ=東洋証 檜和田氏
2014年12月10日 / 00:57 / 3年前

株式こうみる:過熱感弱まり仕切り直しへ=東洋証 檜和田氏

[東京 10日 ロイター] -

<東洋証券 ストラテジスト 檜和田浩昭氏>

とりあえずはシカゴの日経平均先物清算値にサヤ寄せをしたが、中国、欧米株の下落を背景に、リスク回避の売りが出ている。日経平均は今週1万8000円の大台に乗り、目標達成感が出ていた。また週末にSQ(特別清算指数)の算出を控え、先物の動きに左右されることが見込まれている。仕掛け的な売りも出やすい。

ただ、日銀のETF(上場投資信託)買いへの淡い期待もあるうえ、きょうのところは下げたとしても、1カ月前よりは高い位置にある。11月中は1万7200─400円の範囲で横ばいの動きを続けた時期があったが、そのあたりが最悪、下値のめどとなるだろう。国内要因をみれば、円安による輸出企業の業績効果などもあり、日本株の先高期待は根強い。ここで過熱感が冷めれば、次の相場への仕切り直しにつながる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below