Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=続落、銀行株が下げ主導
2014年12月10日 / 03:57 / 3年前

シドニー株式市場・中盤=続落、銀行株が下げ主導

[シドニー/ウェリントン 10日 ロイター] - 
    S&P/ASX200指数 
    0157GMT 5256.4   26.3安
    前営業日終値  5282.7     90.0安    
    
    10日午前のシドニー株式市場は続落。ギリシャの政情不安、力強さに欠ける中国の
経済成長、コモディティ(商品)相場安が嫌気される中、銀行株主導で値を下げている。
    ギリシャで大統領選挙が前倒しで行われることが決まり、救済プログラムからの脱却
をめぐる懸念が浮上、9日の同国株式相場は約13%急落した。
    一方、ブレント原油相場は供給過剰懸念を背景に再び5年ぶりの安値を付けた後、値
を戻した。
    
    S&P/ASX200指数 は0157GMT(日本時間午前10時57分)
時点で、0.5%安の5256.40となっている。
    IGマーケッツのストラテジスト、スタン・シャム氏は「市場を動かす主な手掛かり
は欧州から出てきており、ギリシャをめぐる不透明感が浮上している。市場は再び、神経
質な状況に直面し始めている」と指摘した。
    
    金融株の中では、世界展開する金融機関の下げが大きい。マッコーリー・グループ<M
QG.AX>は1.7%安、保険のQBE は2%安、金融サービスグループのAMP<A
MP.AX>は3%安。
    リテール銀行の中ではウエストパック銀行 が最大の下げ幅を記録し、1.5
%安。
    資源株では、BHPビリトン が1%高、リオ・ティント が0.8%
高。
    スーパーマーケットを運営するウェスファーマーズ は1.3%安、ウールワ
ース は0.8%安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below