Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:国債先物が軟調、30年債入札や米雇用統計に警戒感
2015年6月4日 / 00:47 / 2年前

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が軟調、30年債入札や米雇用統計に警戒感

[東京 4日 ロイター] -

<09:35> 国債先物が軟調、30年債入札や米雇用統計に警戒感

国債先物が軟調。朝方の売り一巡後に、現物長期ゾーンに国内勢の押し目買いからいったん買い戻す動きが見られたが、きょうの30年債入札や5日の米雇用統計を控えて、相場の戻りも限られている。

市場では「朝方に、今年初めて10年債・0.5%台を付けたこともあり、国内勢から、いったん押し目買いが観測された。30年債入札では、一定の押し目買い需要に支えられ、相場の戻りを試す場面も予想されるが、5日の米雇用統計が強めの内容となれば、海外金利が一段と上昇する可能性も否定できず、神経質な展開が続くのではないか」(国内金融機関)との声があった。

<08:50> 国債先物が海外債券安で急落、長期金利は7カ月ぶり0.5%

国債先物中心限月6月限は前日比40銭安の146円88銭と大幅続落で寄り付いた。前日の海外市場で米独国債利回りが急上昇したことを受けて、売り圧力が強まった。先物6月限は寄り直後に、一時146円87銭と5月14日以来、約3週ぶりの水準に下落。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時同4bp高い0.500%と14年11月18日以来、約7カ月ぶりの水準に上昇した。その後、下値で買い戻しも観測されている。

欧州中央銀行(ECB)は3日、2015年のインフレ見通しを上方修正したことに加えて、ドラギ総裁が理事会後の記者会見で、ユーロ圏国債がこのところ大きく売られたことについては、「われわれはボラティリティーが高い状態に慣れる必要がある。金利が非常に低い水準にある時は、資産価格のボラティリティーは高くなる傾向がある」と指摘し、高いボラテリティーが続く欧州金利の動きを容認する姿勢を示した。「不安定な地合いが続く欧州金利に対して、ドラギ総裁が一定の配慮を見せるとみていた市場参加者にとって、肩すかしを食らった格好」(国内証券)という。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below