Reuters logo
台湾株式市場・引け=4カ月半ぶり安値、1月以来の大幅な下げ
2015年6月4日 / 06:49 / 2年前

台湾株式市場・引け=4カ月半ぶり安値、1月以来の大幅な下げ

[台北 4日 ロイター] - 
  加権指数           前営業日比    売買代金
    大引け     9348.63     207.89安    1351.7億台湾ドル
    高値      9558.77
    安値      9325.01
    寄り付き    9537.09     19.43安
  前営業日終値  9556.52     57.74安    1022.5億台湾ドル
    
    台湾株式市場は5営業日続落し、4カ月半ぶりの安値で終了した。世界経済の成長に
対する懸念を背景に下げ幅は1月以来の大きさとなった。
    加権指数は前日終値比207.89ポイント(2.18%)安の9348.63で引
けた。下落率は1月6日の2.4%以来の大きさ。終値として1月21日の9319.7
1以来の安値だった。
    エレクトロニクス指数 と金融指数 はともに2%以上の下げ。
    取引の多かった株式の中ではファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積
体電路製造(TSMC) が1.4%安、ライバルの聯華電子(UMC)<2303.T
W>が2.5%安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below