Reuters logo
ギリシャ与党、3日の債権団の厳しい要求に反発
2015年6月4日 / 10:35 / 2年前

ギリシャ与党、3日の債権団の厳しい要求に反発

[アテネ 4日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相と欧州委員会のユンケル委員長らとの会談では、支援に向けて新たな緊縮策実施が求められたもようだが、与党の急進左派連合(SYRIZA)からは反発の声がでている。

4日付のSYRIZA系新聞は「緊縮策の継続?必要なし!」との見出しを掲げ、発行部数が最大の日刊紙は「合意には死者が必要」と刺激的に訴えた。

欧州委と国際通貨基金(IMF)による条件の詳細は明らかになっていないが、これまで伝えられたところでは年金削減や増税が盛り込まれているもよう。

与党幹部で議会のミトロプーロス副議長は「合意が近いと誰もが思っていたところに、(ユンケル委員長は)残忍で最も厳しい計画をつきつけた」と非難した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below