Reuters logo
UPDATE 1-企業景況感4─6月期は4期ぶり悪化、自動車中心に一時的調整=政府調査
2015年6月11日 / 02:12 / 2年前

UPDATE 1-企業景況感4─6月期は4期ぶり悪化、自動車中心に一時的調整=政府調査

(内容を追加しました)

[東京 11日 ロイター] - 財務省と内閣府が11日発表した4―6月期期法人企業景気予測調査によると、企業の景況感を示す景況判断指数(BSI)は、大企業全産業でマイナス1.2となり、4期ぶりに下降超となった。自動車や鉄鋼の在庫調整によって製造業で悪化した。ただ悪化幅は小幅にとどまり、先行き7─9、10─12月期は大幅改善見通しとなっており、景況感の悪化は一時的にとどまっている。設備投資計画も製造業中心に上方修正された。  

4─6月期は製造業がマイナス6と前の期よりも景況感が悪化、非製造業はプラス1.3と改善した。

調査時点は5月15日で、株価は1─3月期平均に比べて1800円高、ドル円相場は0.6円程度の円安だった。原油価格はWTIで前期比6ドル高の約60ドル。4─6月期景況感が悪化した理由をみると、特にこうした外部環境の影響を挙げた企業が前期に比べてさほど増えているわけではない。

製造業の景況感を押し下げたのは、自動車と鉄鋼業の悪化による寄与が大きい。軽自動車の在庫増で自動車生産がさえないことや、その影響で鉄鋼業も在庫調整に入っていることが主因とみられる。

非製造業の景況感を押し上げたのは、販売が回復してきた小売業やインバウンド需要の好調なサービス業など。

先行き7─9月期は大企業全産業でプラス10.6、10─12月期はプラス8.9と持ち直しが鮮明。財務省や内閣府では、景況感悪化は一時的なものとみている。

2015年度設備投資計画は、全産業ベースで設備投資計画(ソフトウエア投資を含む、土地購入額を除く)は前年比5.9%増となり、前回調査から上方修正された。このうち、製造業は15.7%増と大幅増加。非製造業は0.5%と微増にとどまっている。  

法人企業景気予測調査は、四半期ごとに資本金1000万円以上の法人企業1万6000社を対象に景況感を調査している。景況判断BSIは前期に比べて景況感が「上昇」との回答構成比から「下降」との回答構成比を引き算したもの。日銀短観のDIが「良い」「悪い」といった水準を聞いているのに対し、この調査は景況感の変化の方向を聞く。  

*公表資料は以下のURLでご覧下さい。

here (中川泉 編集:野村宏之)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below