Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:長期金利が一時9カ月ぶり0.545%、入札に向け調整圧力
2015年6月11日 / 01:22 / 2年前

〔マーケットアイ〕金利:長期金利が一時9カ月ぶり0.545%、入札に向け調整圧力

[東京 11日 ロイター] -

<10:15> 長期金利が一時9カ月ぶり0.545%、入札に向け調整圧力

国債先物が下げ幅拡大。中心限月9月限は前日比58銭安の145円78銭と14年11月13日以来、約7カ月ぶりの安値に下落。現物市場でも長期ゾーンを中心に幅広く売りが出た。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時同5bp高い0.545%と14年9月22日以来、約9カ月ぶりの水準の上昇した。

欧米金利の上昇や株高など外部環境が悪化する中、きょうの20年債入札に備えたヘッジ(損失回避)や持ち高調整を目的にした売りが出ている。ただ、水準調整されたことで、10年や20年ゾーンに国内勢から打診的な買いも観測されている。

 <09:18> 入札の20年債はWI取引で1.285─1.310%の気配、利率1.3%濃厚

きょう入札の20年債は、朝方の入札前(WI)取引で、1.3%を挟む気配が示されている。直近の気配(複利ベース)は1.285%(オファー)─1.310%(ビッド)。表面利率について、現時点で前月債から0.1%引き上げられ1.3%が濃厚、とみられている。

市場では、海外金利のボラティリティ拡大で入札に慎重ムードが広がっているが、「一定の投資家需要を期待できる利回り水準まで調整されているため、テールが流れたとしても利率1.3%、パー価格(100円)付近で止まるのではないか」(証券)との声が出ている。

<09:00> 国債先物が大幅続落で寄り付く、長期金利一時7カ月ぶり0.530%

国債先物中心限月9月限は前日比27銭安の146円09銭と大幅続落して寄り付いた。寄り直後には一時145円88銭と、中心限月ベースで2014年11月18日以来、約7カ月ぶりの水準まで売り込まれた。

また、10年最長期国債利回り(長期金利)は一時同3.5bp高い0.530%と2014年11月13日以来、約7カ月ぶりの水準に上昇した。その後0.520%まで水準を戻した。

前日の海外市場で、米独国債が下落した流れや20年債入札への警戒感から売りが先行した。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below