Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル123円前半で小幅安、実需のフローは売り優勢か
2015年7月28日 / 00:48 / 2年前

〔マーケットアイ〕外為:ドル123円前半で小幅安、実需のフローは売り優勢か

[東京 28日 ロイター] -

<09:45> ドル123円前半で小幅安、実需のフローは売り優勢か

ドルは123.20円付近。朝方の高値123.31円から一時123.16円付近まで下落した。この日の実需のフローは売りが優勢とみられており、上値の重さが意識されている。

前日の外為市場では、日中欧米株価の下落をきっかけにリスクオフのムードが広がったが、この日も日経平均 が前日比で1%を超える下げとなっており、株価の下げ幅拡大や縮小に応じたドルの上下変動が続いている。

<08:00> ドル123円前半、利上げ予想でも低下する米債利回りドル安の一因

ドルは123.26円付近。前日の安値は123.01円で123円ちょうどには買い意欲があるとされる。

市場では「米国で利上げが近づいているにもかかわらず、長期金利が低下していることがドル安につながっている」(外為アナリスト)との指摘が出ている。

米10年国債利回り は2.2150%付近。前日一時2.2100%まで低下し、7月9日以来の低水準となった。

米30年国債利回り は2.9260%付近。前日一時2.9130%まで低下し、6月1日以来約2カ月ぶりの低水準となった。

前日の米国債利回りの低下は、中国株価が8%超の大幅安となったことを受け、安全資産とされる米国債への逃避買いが誘発されたことが背景。前日発表された6月の米耐久財受注が予想を上回る3.4%増となったものの、米国債はむしろ買い進まれている。

<07:40> きょうの予想レンジはドル122.80―123.80円、日本・中国の株価動向を注視

ドル/円は123.25円付近、ユーロ/ドルは1.1089ドル付近、ユーロ/円は136.70円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が122.80―123.80円、ユーロ/ドルが11.1020─1.1150ドル、ユーロ/円が136.00―137.00円。

前日の外為市場では、日中欧米と主要な株式市場で株安が顕著となり、投資家のリスク回避ムードが広がってドル/円が下落する展開となった。

この日も「日経平均と中国株の動向に注目したい。日経平均は2万円の大台を割り込むと調整色が強まる可能性がある。中国株は前日の反動で少し反発すれば、リスク回避が後退する可能性もある」(外為アナリスト)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

外為市場リポート[JPY/J]

外為マーケットアイ[JPY/JU]

焦点・アングル・特集 

クロスマーケットアイ[.JPCM]

主要国の経済指標発表予定と予想一覧

主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

速報ニュース[AA][AA-RS]

財政・金融政策の当局者発言ニュース

規制・監督関連ニュース

ファンド関連ニュース

欧州市場サマリー

NY市場サマリー

世界の主要株価指数

外国為替・マネー総合メニュー

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below