Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、景気敏感株の一部にリバウンド狙いの動き
2015年7月28日 / 01:08 / 2年前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、景気敏感株の一部にリバウンド狙いの動き

[東京 28日 ロイター] -

<10:02>  日経平均は安値圏、景気敏感株の一部にリバウンド狙いの動き

日経平均は安値圏。一時2万0100円台を割れる場面があった。足元では2万0100円台前半で推移している。メガバンクが軟調。「世界景気への懸念で銀行株が売られているが、相場全体では高い位置にあった銘柄に水準修正の売りが出ている。キヤノン やスクリン 、ミネベア といった一部の景気敏感株にはリバウンド狙いの動きもみられ、中国株が落ち着けば日本株も反発しそう」(中堅証券)との見方が出ている。

<09:15>  寄り付きの日経平均は続落、外部環境の悪化を嫌気

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円53銭安の2万0188円57銭と続落して始まった。寄り後に下げ幅は200円を超えている。中国株安や商品市況の下落を受けて、前日の米国株が下落。リスク回避的な円高も進むなど外部環境の悪化が嫌気され、主要銘柄を中心に売りが先行した。自動車、機械、不動産が安い。空運、パルプ・紙などはしっかり。

中国株の動向が引き続き警戒されているが、個別の好業績株を物色する流れは継続している。

<08:32>  寄り前の板状況、主力輸出株が売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン 、ソニー 、パナソニック などの主力輸出株が売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック なども売り優勢となっている。

大手銀行株では、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ が売り優勢。みずほフィナンシャルグループ はほぼ売り買いきっ抗している。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

株式関連指標の索引ページ(日本語表示)

株式関連指標の索引ページ(英語表示)

東証第1部出来高上位30傑

東証第1部売買代金上位30傑

東証第1部値上がり率上位30傑

東証第1部値下がり率上位30傑

東証第1部値上がり幅上位30傑

東証第1部値下がり幅上位30傑

ジャスダック出来高上位30傑

ジャスダック売買代金上位30傑

ジャスダック値上がり率上位30傑

ジャスダック値下がり率上位30傑

ジャスダック値上がり幅上位30傑

ジャスダック値下がり幅上位30傑

日経平均株価

TOPIX(東証株価指数)

TOPIX CORE30

JPX日経インデックス400

日経ジャスダック平均株価

東証マザーズ指数

日経225先物<0#JNI:>

SGX日経225先物<0#SSI:>

TOPIX先物<0#JTI:>

日経225オプション

大阪取引所有価証券オプションのメニューページ

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below