Reuters logo
欧州株式市場=6日ぶり反発、M&Aと好調な決算を好感
2015年7月28日 / 18:16 / 2年前

欧州株式市場=6日ぶり反発、M&Aと好調な決算を好感

[ロンドン 28日 ロイター] - 28日の欧州株式市場は6営業日ぶりに反発して取引を終えた。合併・買収(M&A)の動きや好調な企業決算が相場を押し上げた。

FTSEユーロファースト300指数 は16.02ポイント(1.05%)高の1545.79で取引を終えた。前日は約2週間ぶりの安値をつけていた。

DJユーロSTOXX50種指数 は41.01ポイント(1.17%)高の3554.11だった。

STOXX欧州600保険株指数 は1.23%上昇した。スイスのチューリッヒ保険 が英同業のRSAインシュアランス・グループ に対する買収提案を検討していると発表。RSAの株価は18.4%上昇した。1日の上昇幅は1992年以来の大きさだった。

英投資会社のメルローズ・インダストリーズ は9.6%高。電力などの消費メーターを手掛けるエルスター事業部門を米複合企業ハネウェル・インターナショナル に売却することで合意した。

オランダの航空機供給会社、フォッカー・テクノロジーズ買収で合意した自動車・航空機部品製造のGKN は7.3%値上がりした。

イタリアの高級ブランド「グッチ」の親会社であるフランスのケリング は5.6%上昇した。グッチが第2・四半期の基礎的売上高の増加を発表したことが好感された。

一方、フランスのタイヤ大手ミシュラン は6.1%の下落。製品価格の引き下げが、想定以上に利益を圧迫するとの見通しが嫌気された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below