Reuters logo
インド株式市場・終盤=反発、ECB総裁発言を好感
2015年10月23日 / 08:32 / 2年前

インド株式市場・終盤=反発、ECB総裁発言を好感

[ムンバイ 23日 ロイター] - 
    SENSEX指数    前営業日比    出来高概算
    0739GMT 27456.57     168.91高     1.43億株
    前営業日終値  27287.66     19.17安     3.10億株
    
    終盤のインド株式市場は反発。約2カ月ぶりの高値をつけた。欧州中央銀行(ECB
)が追加緩和を示唆し、世界的に株価が上昇していることが背景。
    前日のインド市場は休場だった。
    0739GMT(日本時間午後4時39分)現在、SENSEX指数(ムンバイ証券
取引所に上場する30銘柄で構成) は168.91ポイント(0.62%)高の
2万7456.57。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成) は44.2
5ポイント(0.54%)高の8295.95。
    週間ベースで4週連続の上昇を記録する勢いとなっている。
    一部の資本財、通信関連株を除き、幅広い銘柄に買いが入っている。前営業日に大き
く値下がりした金融株が高い。
    ハウジング・ディベロップメント・ファイナンス(HDFC) が1.45
%高、HDFC銀行 が1.2%高。ICICI銀行 が1.5%高。
    消費財関連株も高い。ITC が2.5%高、ヒンドゥスタン・ユニリーバ<H
LL.NS>が1.3%高。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below