Reuters logo
ギリシャ首相、債権団との協議で住宅差し押さえめぐり見解対立
2015年10月23日 / 11:59 / 2年前

ギリシャ首相、債権団との協議で住宅差し押さえめぐり見解対立

[ニコシア 23日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は23日、国際債権団との協議で、大量の住宅差し押さえが出る事態は容認できないとの立場を示し、越えてはならない一線を明確にした。

オランド仏大統領と会談後、記者団に述べた。

債権団は、860億ユーロのギリシャ金融支援の条件である改革の実行状況を審査するため現地入りしている。ギリシャは審査が早期に終了し、債務軽減に向けた協議を進めたい意向だが、ローンの返済が滞った場合に住宅所有者をどの程度保護するかをめぐって見解が対立している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below