Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小幅続伸、長期金利0.300%に上昇
2015年11月18日 / 02:15 / 2年前

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小幅続伸、長期金利0.300%に上昇

[東京 18日 ロイター] -

<11:07> 国債先物は小幅続伸、長期金利0.300%に上昇

国債先物は小幅続伸で午前の取引を終えた。終盤に値ごろ感から短期筋が買い戻したが、中心限月として最高値に迫っているため、高値警戒感が浮上したことで上値は重かった。現物債は全般的にさえない。手掛かりとなる材料が乏しく、様子見となる市場参加者が増えた。日銀は3本建て総額1兆2000億円の国債買い入れオペを通告した。

長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比1銭高の148円55銭。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp上昇の0.300%。

午前の短期金融市場では、無担保コール翌日物金利は0.073─0.078%近辺で取引された。主な取り手は地銀、信託、証券で、一部で試し取りがみられた。日銀は18日に訓練目的の即日資金供給オペを実施する。オペの種類は固定金利方式の共通担保資金供給(本店)。午後2時半に通告し、期日は19日まで。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

きょう入札の新発3カ月物国庫短期証券(TB)の最高落札利回りは過去最低を更新する可能性がある。円転コストの低下に伴う海外勢の需要に加え、国内勢の日銀オペ見合いのニーズや担保需要が強まる見込み。

<10:14> 日銀が国債買入を通告、3本建て総額1.2兆円をオファー

日銀は午前10時10分の金融調節で、長期国債の買い入れを通告した。買い入れ対象は「残存期間1年超3年以下」「同3年超5年以下」「同5年超10年以下」の3本で、総額1兆2000億円。

市場では「日銀会合の初日ということで、オペ通告が見送られる可能性がゼロではなかっただけに、想定以上に需給が引き締まることも考えられる」(国内証券)とみている。

<08:50> 国債先物が横ばいスタート、高値警戒感が浮上

国債先物中心限月12月限は前営業日比横ばいの148円54銭で寄り付いた。市場では「17日の米債高を手掛かりとした短期筋の買いが先行する可能性もあったが、中心限月として最高値に迫っているため、高値警戒感が浮上しており、益出しが上値を抑えている」(国内証券)という。きょうは狭いレンジでの取引となり、高値圏でこう着感を強める可能性が高いとみている。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below