Reuters logo
UPDATE 1-第3四半期シンガポールGDP改定値、前期比年率+1.9%に上方修正
2015年11月25日 / 02:42 / 2年前

UPDATE 1-第3四半期シンガポールGDP改定値、前期比年率+1.9%に上方修正

(内容を更新しました)

[シンガポール 25日 ロイター] - シンガポール通産省が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、季節調整済みで前期比年率1.9%増となった。サービス部門が堅調となり、伸び率は速報値の0.1%を大きく上回った。市場予想は前期比年率横ばいだった。

サービス部門が3.5%増。卸売・小売業が伸びた。半面、製造部門は4.6%減。

また、第2・四半期のGDPは2.6%減に改定された。

通産省は声明で「製造部門は引き続き低迷すると見込まれる一方、卸売業や融資・保険業といったセクターは緩やかな成長が続きそうだ」とした。

同省は、今年通年の経済成長率見通しを従来の2.0─2.5%から「2.0%近く」に修正した。世界経済のさえない回復状況が国内製造業界の重しとなっている。

今年通年の経済成長率が実際にこの水準となれば、世界的な金融危機で0.6%のマイナス成長となった2009年以来の低成長となる。

2016年の経済成長率について同省は1.0─3.0%を見込む。

第3・四半期のシンガポールGDP改定値は、前年比では1.9%増で、市場予想(1.4%増)を上回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below