Reuters logo
為替こうみる:中東発のリスクオフ、原油高伴わず円高圧力は限定的=野村証券 池田氏
2015年11月25日 / 01:31 / 2年前

為替こうみる:中東発のリスクオフ、原油高伴わず円高圧力は限定的=野村証券 池田氏

[東京 25日 ロイター] - <野村証券 チーフ為替ストラテジスト 池田雄之輔氏>

中東情勢の不安定化は、かつては原油価格を押し上げ、企業収益見通しを押し下げ、グローバルな株安やリスク回避の円買いをもたらした。

しかし、目下、原油相場は下落基調が継続しており、リスク回避の円買いも限定的なものにとどまっている。

ドル/円相場については、米利上げを前提に日米金利差拡大の見方に基づくドル買い/円売りのポジションの積み上がりがあるが、こうしたポジションは中東情勢の不安定化により直ちに巻き戻されるものではない。

また、来週にはイエレン米連邦準備理事会の議会証言など、ドル相場の方向性を左右する重要イベントを控えており、足もとでドル安/円高が勢いづく可能性は低いとみている。

一方で、対ユーロでは、対ドルに比べて円買いが目立つ。これは追加緩和に積極的な欧州中央銀行(ECB)と後ろ向きな日銀との対比から、投機筋がユーロ売り/円買いを手掛けやすいことがある。

さらに、原油価格の下落がもたらすデフレ圧力に対して、ECBがより積極的に対応するとの期待から、ユーロ売り/円買い圧力が醸成されやすいとみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below