Reuters logo
上海外為市場=人民元、薄商いの中を横ばい
2015年11月25日 / 04:37 / 2年前

上海外為市場=人民元、薄商いの中を横ばい

[上海 25日 ロイター] - 25日中盤の上海外国為替市場では、人民元の対米ドル相場はほぼ横ばい。比較的薄商いで、人民元の基準値がやや元高・ドル安に設定されたものの、その影響はドル需要によって相殺されている。

上海の外資系銀行のトレーダーは「ほぼ横ばいの人民元の基準値が相場安定を示唆する中、投資家の取引意欲は乏しい。投資家らは目先、人民元が安定的な値動きを維持すると予想している」と指摘した。

中国人民銀行(中央銀行)は取引開始前、人民元の対ドル基準値(中間値) を1ドル=6.3877元と、前日比0.02%元高・ドル安水準に設定した。

人民元のスポット相場 は1ドル=6.3890元で寄り付いた。正午ごろは前日終値比0.01%元高・ドル安の6.3888元で取引された。

ただトレーダーらは、人民元が月内に1ドル=6.39元に下落する可能性があると予想。オフショア市場が、オンショア市場よりも300ベーシスポイント元安・ドル高となっていることも、オンショア市場の下落圧力だという。

前出のトレーダーは「人民銀はオンショア、オフショア両市場の価格差を100ベーシスポイント以内に収れんさせようと望んでいる可能性がある」と指摘。「だが今のところ、今後の動きについては分からない」と語った。

オフショア市場の人民元 は、オンショア市場に比べ約350ベーシスポイント(0.54%)元安・ドル高の1ドル=6.4237元。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below