Reuters logo
UPDATE 1-米10月消費支出0.1%増どまり、貯蓄率3年ぶり高水準
2015年11月25日 / 15:20 / 2年前

UPDATE 1-米10月消費支出0.1%増どまり、貯蓄率3年ぶり高水準

(内容を追加しました。)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米商務省が25日発表した10月の個人所得・消費支出統計によると、消費支出は前月比0.1%増となった。9月も同じ伸び率だった。市場予想の0.3%増に届かなかった。所得が増えた分を消費者は貯蓄にまわしているとみられ、貯蓄率は約3年ぶりの高水準をつけた。

国内総生産(GDP)の3分の2を占める消費支出は、第3・四半期に年率換算で3.0%増と堅調な伸びを記録したものの、第4・四半期に入って減速の兆しがみえる。第4・四半期GDPは緩やかな伸びにとどまりそうだ。緩慢な消費支出に加え、在庫調整が続いて経済活動が抑えられるとみられている。第4・四半期のGDPの市場予想は約2%増。前日発表された第3・四半期GDP(改定値)は2.1%増だった。

10月のインフレ調整後の消費支出は0.1%増だった。こちらも2カ月連続同じ伸び率だった。

個人所得は0.4%増で、9月の0.2%増から伸びが加速した。賃金・給与は0.6%増と、今年5月以来の大きな伸びとなった。

所得が支出を上回り、貯蓄は9月の7229億ドルから7619億ドルに増え、2012年12月以来の高水準となった。今後の消費支出を押し上げる可能性がある。

物価上昇圧力は弱かった。個人消費支出(PCE)物価指数は前月比で0.1%上昇した。前年同月比は0.2%上昇。9月の前月比は今年1月以来初めてマイナスとなった。PCE物価指数は米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%を下回り続けている。

変動の激しい食品とエネルギーを除いたPCEコア物価指数は前月から横ばい。9月は0.2%上昇していた。10月の前年同月比は10カ月連続で1.3%の上昇だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below