Reuters logo
台湾株式市場・午前=4日ぶり反発、ハイテク・半導体株が高い
2016年4月8日 / 04:11 / 1年前

台湾株式市場・午前=4日ぶり反発、ハイテク・半導体株が高い

[台北 8日 ロイター] - 
  加権指数      前営業日比    売買代金
    0347GMT 8519.64     29.39高    507.6億台湾ドル
  前営業日終値   8490.25   23.05安
    
  午前の台湾株式市場は安値拾いの買いが入り、4営業日ぶりに反発
している。ハイテク・半導体株が株価全般の上昇を主導した。
    海外の株価が下げていることや、第1・四半期の貿易統計を控えて
いることから、株高は短命に終わるとトレーダーらはみている。
    加権指数は0347GMT(日本時間午後零時47分)時点で前日
終値比29.39ポイント(0.35%)高の8519.64。前日は
0.3%安だった。
    金融保険指数 は0.3%安、電子製品指数 は0.5
%高。
    半導体指数 は1.1%高。ファウンドリー(半導体受託製
造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC) が2%近く
上げ、半導体指数の上昇を主導した。
    TSMCはきょうの取引終了後に3月の売上高を発表する予定。1
─2月の売上高は前年同期を13%近く下回っていた。
    台湾当局は11日に3月の輸出統計を発表する。ロイターの調査に
よれば、3月の輸出は14カ月連続で減少したものの、減少幅は縮小し
たと予想されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below