Reuters logo
上海外為市場=人民元は下落、外準増は織り込み済み
2016年4月8日 / 04:36 / 1年前

上海外為市場=人民元は下落、外準増は織り込み済み

[上海 8日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで下落。中国の3月の外貨準備高が昨年11月以降で初めて増加したものの、トレーダーにとっては織り込み済みだったという。

人民元直物相場 は1ドル=6.4771元で寄り付いた。正午時点では前日終盤比0.07%安の6.4772元。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の取引開始前、人民元基準値 を6.4733元に設定した。

7日に人民銀が発表した統計によると、中国の3月の外貨準備高は前月比102億6000万ドル増の3兆2100億ドルとなった。米国の追加利上げ観測の後退で、元安圧力が弱まった。

HSBCのガリバー最高経営責任者(CEO)は7日、中国は引き続き、対ドルでの元安を容認するだろうとの見通しを示した。

別のHSBC幹部は、最近の元安は、企業の国際決済用の元需要に影響を与えていないとの認識を示した。元建て取引により、企業は依然として恩恵を受けられるからだという。

元相場が正午時点の水準にとどまれば、今週の上昇率は0.16%となる。

オフショア人民元 は、オンショアより0.17%安い6.4882ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below