Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前週末比200円超安、東証全33業種が値下がり
2016年5月23日 / 01:01 / 1年前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前週末比200円超安、東証全33業種が値下がり

[東京 23日 ロイター] -

<09:59>  日経平均は前週末比200円超安、東証全33業種が値下がり

日経平均は前週末比で200円を超す下げとなった。足元では1万6500円台前半で推移。東証33業種は全て値下がりしている。「日米財務相会談などを通じ為替相場に対する日米の温度差があらためて意識された。G7財務相・中央銀行総裁会議も、結果的には各国の財政出動面での協調に対する市場の期待がはく落した形となっており、利益確定売りにつながっている」(国内証券)との声が出ている。

<09:11>  寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比65円07銭安の1万6671円28銭と反落して始まった。前週末に行われた主要7か国(G7)財務相・中央銀行総裁会議や日米財務相会談で株式市場が好感するような材料は乏しく、利益確定売りが先行した。朝方発表の4月貿易統計を受けて円がやや強含んでいることも重し。寄り後に下げ幅は100円を超えた。自動車、鉄鋼などがさえない。

<08:36>  寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 がやや買い優勢、ホンダ 、キヤノン 、パナソニック はやや売り優勢。ソニー は売り買いきっ抗と主力輸出株はまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り優勢、ファナック は売り買いきっ抗している。

大手銀行株では、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買いきっ抗。三井住友フィナンシャルグループ は買い優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below