Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル101円前半、トヨタが円高で通期営業益予想を下方修正
2016年8月4日 / 07:26 / 1年前

〔マーケットアイ〕外為:ドル101円前半、トヨタが円高で通期営業益予想を下方修正

[東京 4日 ロイター] -

<16:24> ドル101円前半、トヨタが円高で通期営業益予想を下方修正

ドルは101.48円付近。午後3時過ぎに一時101.68円まで上昇した。

トヨタ自動車 が4日発表した2016年4―6月期連結決算(米国会計基準)では、営業利益が前年同期比15%減の6422億円だった。円高の影響が押し下げた。17年3月期通期の連結業績予想も下方修正した。

通期の営業利益予想については従来は1兆7000億円を見込んでいたが、1兆6000億円に引き下げた。トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト24人の通期営業利益予想の予測平均値は1兆9150億円で、会社側の修正値はこれを下回る。

通期の前提為替レートも1ドル=102円(従来は105円)、1ユーロ=113円(同120円)に修正した。

通期の販売計画は、北米で288万台(同285万台)に、欧州は95万台(同92万台)、アジアは147万台(同141万台)にそれぞれ見直した。世界販売計画は従来予想の1015万台を変更していない。   

<14:54> ドル101円半ば、岩田副総裁「緩和程度、縮小することありえない」

ドル/円は101円半ばでビッド気味。ユーロ/円は113.15円付近。

日銀の岩田副総裁の発言を挟んで、20銭程度強含んでいる。

岩田日銀副総裁は4日、横浜市で会見し、総括的な検証は物価2%目標の早期達成のために行うもので、量・質を減らすという金融引き締めは考えられないと述べた。

また、物価目標の達成は遅れており、金利の深掘りがいいのか、量と質の増額がいいのかなどを検証したいと語った。

<14:04> ドル101円前半、米雇用統計前のポジション調整は一巡   

ドルは101.45円付近できょうこれまでの高値圏。日経平均が前営業日比でプラス幅を拡大させていることで、ドル/円も底上げされている。

ただ、短期筋の間ではドルの下攻め気運が根強く、「米雇用統計がほぼ予想どおりだとしても、予想外の低い伸びとなった4―6月期の米GDPの記憶も新しく、上値をトライする流れにはなりそうにない」(証券会社)という。

<12:50> ドル101円前半、米株式投信からの資金流出が2週連続100億ドル台に

ドルは101.27円付近。午前の取引レンジは100.86―101.36円。ユーロは112.87円付近で、同取引レンジは112.48―113.03円。

金融市場では、企業収益の伸びが頭打ちとなっているにもかかわらず、過去最高値付近で取引される株価を不安視する投資家が増え、資金を債券やキャッシュに移す動きがみられる。

米投資信託協会(ICI)によると、7月27日までの週に米国を拠点とする株式投信(上場投資信託=ETFを除く)から流出した資金は111億6800万ドルと、20日の週の126億1800万ドルに続き2週連続で流出額が100万ドル以上に達した。

国内株投信からの流出は、27日の週に82億2500万ドル(前週103億4900万ドル)、外国株投信からの流出は、27日の週に29億4300万ドル(前週22億6900万ドル)となった。

一方ICIによると、債券投信への資金流入は27日の週に49億0100万ドルと、前週の76億1200万ドルから増えている。

株式投信からの流出と債券投信への流入の差額の大半は、現金化されたとみられる。

UBSウェルス・マネジメント・アメリカズが米富裕層投資家2300人を対象に6月に実施した調査によると、投資家らは株式市場から資金を引き揚げることを検討している。5%は既に株式を売却して現金保有に切り替えたという。

約84%は最大の懸念事項として経済問題を挙げ、57%は大統領選前に投資配分の変更を検討している。

<12:08> 正午のドルは101円付近、株価のマイナス圏転落で上値重い

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べややドル安/円高の101.07/09円だった。仲値にかけて実需筋のドル買い/円売りが一巡すると、下押し圧力が強まった。株安も相まって一時100円後半まで下落したが、正午にかけて小幅に値を戻した。

朝方から輸入企業のドル買い/円売りがコンスタントに入っていたといい、ドルは仲値にかけて101.20─30円で底堅く推移した。その後、プラス圏で推移していた日経平均株価がマイナスに沈むと、ドル/円は連れ安となり一時100.86円まで弱含んだ。

岩田規久男日銀副総裁の発言は、9月決定会合のヒントにならなかったという声も出ていたが、一部、株価に影響したとの指摘もあった。2017年度中の物価目標達成について「見通しの不確実性は高い」と指摘したことを嫌気したとみられている。

きょうは英国の金融政策発表、あすは米雇用統計の発表が予定されている。重要イベントを控えて積極的にポジションを傾ける動きはなく、調整主体の取引という声も出ていた。

<10:53> ドル100円後半に下落、日経平均が1万6000円割れ

ドルは下落し100.93円付近。

日経平均株価が1万6000円を割り込む中、ドル/円への下押し圧力が強まっている。一時109.86円まで弱含んだ。

岩田規久男日銀副総裁の発言は、それほど材料視されていないもよう。岩田副総裁は9月の日銀決定会合で予定している政策検証について、内容はこれから準備する、マイナス金利の金融機関・金融市場への効果・影響を点検するなどと述べた。市場では「先日の黒田総裁の会見とほぼ同じ内容。9月会合に関するヒントも得られない」(国内証券)との声が出ていた。

 

<10:39> 豪ドル0.76米ドル前半、豪小売売上高の予想下振れには反応薄

豪ドルは0.7617米ドル付近。

豪連邦統計局が発表した6月の小売売上高は前月比0.1%増と、市場予想の同0.4%増に届かなかった。0.7612米ドル付近だった豪ドルは0.7601米ドル付近まで下げたが、おおむね反応は限定的。

その後、国際商品市況の持ち直しやアジア株の堅調推移などで、豪ドル買いの流れとなっている。

<09:24> ドル101円前半でもみあい、米雇用統計控え動きにくい

ドルは101.29円付近。一時101.36円まで上げたが、上昇の勢いはそれほど強くない。「あす発表の米雇用統計が弱ければ100円割れも視野に入ってくる。積極的には動きにくい」(国内金融機関)との声が出ていた。

日経平均が反発スタートとなっているが、上昇幅は小さく、株高を背景としたドル買い/円売りもそれほど見込めないという。

 

<08:22> ドル101円前半、ジャクソンホールまで上値重いとの指摘

ドルは101.26円付近。

岩田規久男日銀副総裁の講演に関心が寄せられているが、次回、9月20─21日の金融政策決定会合に関して手掛かりを得るのは難しいとの見方もある。3日は金融庁、財務省、日銀が3者会合を開いたが「いつもと同じメッセージしか出てこなかった。9月会合でスキームチェンジがあるかもしれないという不安がある限り、ドル/円は上がりにくい」と(外資系金融機関)との指摘も聞かれた。

雇用統計をはじめとする米経済指標が堅調となり、8月26日のジャクソンホール経済シンポジウムでイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長から年内利上げをにおわすような発言があれば、ドル/円の反転の兆しとなりそうだが、それまでは上値の重さが意識されそうだという。

<07:49> ドル100.70─102.00円の見通し、リスク回避ムードはやや後退

ドル/円は101.32円付近、ユーロ/ドルは1.1147ドル付近、ユーロ/円は112.88円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が100.70―102.00円、ユーロ/ドルが1.1100─1.1200ドル、ユーロ/円が112.30─113.60円とみられている。

東京時間は101円前半を中心にもみあう展開が予想される。ダウ工業平均の反発や原油先物価格の持ち直しなどでリスク回避ムードがやや後退しており、日経平均が想定以上に上昇すれば101円半ばまで強含む可能性もあるという。

きょうは日銀の岩田規久男副総裁の講演が予定されており、次回の金融政策決定会合に関するヒントが得られるか関心が寄せられている。

海外時間はイングランド銀行(英中央銀行)の金融政策委員会(MPC)の結果が材料になりそうだ。大方の市場参加者は利下げが決まると予想しており、議事要旨でさらなる緩和スタンスが示されるか注目されている。「英ポンド/円、英ポンド/ドルが乱高下すれば、ドル/円も余波で動く可能性がある」(国内金融機関)との声が出ていた。

経済指標はオーストラリア小売売上高、米国の新規失業保険申請件数、製造業新規受注などが予定されている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below