Reuters logo
欧州株式市場=続落、決算軟調な銘柄に売り
2016年8月17日 / 18:51 / 1年前

欧州株式市場=続落、決算軟調な銘柄に売り

[ロンドン 17日 ロイター] - 
 <株式指数>                      終値    前日比       %  前営業日終値  コード
 FTSEユーロファースト30   1341.23    -11.52    -0.85       1352.75          
 0種                                                                     
 DJユーロSTOXX50種     2980.54    -35.65    -1.18       3016.19             
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。決算が嫌気されたオーストリアのレンガメーカー、
ウィーネンベルガー やデンマークのビール大手カールスバーグ 、英自動車保
険のアドミラル・グループ が売られ全体水準を押し下げた。
    ウィーネンベルガーは6.2%値下がりした。英国の欧州連合(EU)離脱を決めて以降の
ポンド下落により、マイナスの為替要因が働いているとしたことが嫌気された。
    カールスバーグは5.2%の下落だった。上半期決算が市場予想を下回ったことが売り材料
となった。ただ、経費削減が進んでいるとして、2016年の業績見通しは据え置いた。
    アドミラル・グループは7.7%安。英国によるEU離脱決定の影響でソルベンシーマージ
ン(支払い余力)比率が悪化したとしたことが嫌気された。
    欧州株は英国のEU離脱決定直後に落ち込んだが、その後は値下がり幅の大半を取り戻した
。イングランド銀行(英中銀、BOE)が利下げしたことに加え、欧州中央銀行(ECB)もさ
らなる緩和策を打つとの期待が相場を支えている。それでもなお、投資家らは欧州株について慎
重姿勢を維持している。
    ACIESアセット・マネジメントの最高投資責任者、アンドリュー・クレナウ氏は「不確
定要素がまだたくさんある。誰も欧州株式相場を押し上げるために必要な大きなポジションをと
りたくない」と話し、米国株の方をより好むとした。
    トムソン・ロイターのスターマイン調査によると企業利益は米国の方が欧州より良い状態に
ある。米国株の相場は過去最高値圏を推移している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below