Reuters logo
訂正-NY市場サマリー(26日)
2016年8月26日 / 22:46 / 1年前

訂正-NY市場サマリー(26日)

(債券市場リポートの訂正に伴い、本文の部分を差し替えます)
    * 米国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/6J/Overview を
クリックしてご覧になれます

    [26日 ロイター] - 
          ドル/円 NY終値       101.82/101.85                                                 
                        始値              100.45                                                 
                        高値              101.93                                                 
                        安値              100.09                                                 
      ユーロ/ドル NY終値       1.1195/1.1201                                                 
                        始値              1.1288                                                 
                        高値              1.1340                                                 
                        安値              1.1181                                                 
                                                                                                 
                                      米東部時間                                                 
        30年債(指標銘柄)            17時05分      99*06.50      2.2869%             
                                    前営業日終値      99*22.00      2.2640%                      
         10年債(指標銘柄)            17時05分      98*26.50      1.6279%             
                                    前営業日終値      99*09.50      1.5760%                      
          5年債(指標銘柄)            17時05分      99*15.25      1.2333%            
                                    前営業日終値      99*27.00      1.1570%                      
          2年債(指標銘柄)            17時05分      99*26.00      0.8447%            
                                    前営業日終値      99*29.75      0.7860%                      
                                                                                                 
                                           終値        前日比           %                      
            ダウ工業株30種            18395.40        -53.01        -0.29        
               前営業日終値            18448.41                                                 
              ナスダック総合             5218.92         +6.71        +0.13         
               前営業日終値             5212.20                                                 
          S&P総合500種             2169.04         -3.43        -0.16        
               前営業日終値             2172.47                                                 
                                                                                                 
        COMEX金 12月限              1325.9          +1.3                     <0#GC:>
                前営業日終値              1324.6                                                 
         COMEX銀 9月限              1865.1         +16.2                     <0#SI:>
                前営業日終値              1848.9                                                 
        北海ブレント 10月限               49.92         +0.25                      <0#LCO:>
                前営業日終値               49.67                                                 
        米WTI先物 10月限               47.64         +0.31                     <0#CL:>
                前営業日終値               47.33                                                 
              CRB商品指数            186.1106      ‐0.1321                        
                前営業日終値            186.2427                                                 
   
    <為替> ドルが円に対し2週間ぶり高値をつけた。米経済の改善を背景に、利上げの根拠が強まった
としたイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言が支援した。
    ドルは発言を受けて急伸したが、議長が利上げが差し迫っているとの印象は与えなかったため値を消し
た。だがその後、フィッシャー副議長がFRBは依然として年内利上げの軌道にあるとのタカ派な発言を行
なったことで、FRB幹部の発言を再評価する動きが強まり、ドルに再び買いの勢いが戻った。
    CMEのフェドウォッチによると、終盤の取引で、米短期金利先物相場が織り込む9月利上げの可能性
は36%と、イエレン議長の発言直後の24%から上昇した。12月利上げの確率も序盤の57%から60
%超に上昇した。
    朝方発表された第2・四半期の米国内総生産(GDP)改定値は年率換算で前期比1.1%増となり、
速報値の1.2%増から小幅に下方修正されたが、市場ではあまり材料視されなかった。内訳の個人消費支
出は4.4%増と、2014年の第4・四半期以来の大幅な伸びとなり、明るい材料を提供した。
        
    NY外為市場: 
    
    <債券> FRB議長らの発言を受けて利上げ時期を探る動きが広がるなか、指標10年債利回りが約
1カ月ぶりの高水準をつけた。
    イエレン議長は同日、ワイオミング州ジャクソンホールでの年次経済シンポジウムで講演し、労働市場
の改善などに伴い過去数カ月間で利上げへの論拠が強まったとの認識を示した。ただ、具体的な利上げ時期
には言及しなかった。
    FRB議長の発言後は当初タカ派的と判断されたことで一時1.60%に上昇、その後は1.53%ま
で低下した。その後、フィッシャーFRB副議長の年内の利上げは可能とする発言を受けて再び利回りは上
昇した。
    ジャニー・モンゴメリ・スコットの首席債券ストラテジスト、ガイ・ルバス氏も「9月の利上げはあり
得なさそうだが、可能性はある」とし、市場に織り込まれた9月利上げの確率は25%、12月は50%を
超える水準にあるとの見方を示した。   
         
    米金融・債券市場: 
    
    <株式> まちまちで取引を終えた。FRB当局者の発言を材料に市場は米利上げの時期を把握しよう
とし、取引時間中は不安定な相場展開となった。
    イエレンFRB議長の発言を受けてS&P500種は上昇した。その後フィッシャー副議長のタカ派的
な発言が9月にも利上げする可能性を示唆したことで相場は下落した。
    金利の上昇に伴い買われる傾向のある銀行株が値上がりした。KBWナスダック銀行株指数 は0
.74%上昇。一方、金利が上昇すると値下がりする傾向のある公益や通信株は落ち込んだ。 公益株指数<
.SPLRCU>は約2.1%安と約4カ月ぶりの大幅なマイナスとなった。S&P電気通信サービス は
約1.1%安だった。  
    
    米国株式市場: 
    
    <金先物> 3営業日ぶりに小反発した。イエレンFRB議長発言を受けたドル売りで一時は1346
.0ド ルまで上昇したが、フィッシャーFRB副議長が9月も含めた早期利上げに前向きな姿勢を示した
ことから、ドルの対ユーロ相場が反転上昇。これに圧迫されて上げ幅を縮小した。
        
    NY貴金属: 
    
    <米原油先物> ドルの荒い値動きが波及する形で上下に振れた後、米国内の生産拡大に歯止めが 掛
かったのではないかとの期待感などを背景に買いが集まり続伸した。米国産標準油種W TIの中心限月1
0月物の清算値は前日比0.31ドル(0.65%)高の1バレル=4 7.64ドル。11月物は0.3
0ドル高の48.33ドルだった。 
        
    NYMEXエネルギー:

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below