Reuters logo
ロンドン株式市場=続落、3カ月ぶりの下落率
2016年9月26日 / 19:21 / 1年前

ロンドン株式市場=続落、3カ月ぶりの下落率

[ロンドン 26日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 FT100種                  6818.04     -91.39     -1.32        6909.43          
 
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。FT100種は1.32%安で、1日の
下落率として英国が欧州連合(EU)離脱を決めた6月下旬以来、約3カ月ぶりの大きさ
となった。いくつかの銘柄で投資判断の引き下げに伴う売りが出たほか、金属価格の下落
で鉱業株も値下がりした。
    ホテル経営大手インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG) は
5.7%安。FT100種で最も軟調な銘柄だった。モルガン・スタンレーが、収益が引
き続き弱含むとの見通しから投資判断を「イコールウエート」から「アンダーウエート」
に引き下げた。
    銀行大手のロイズ・バンキング・グループ も3.1%下落。ゴールドマン・
サックスが投資判断を「ニュートラル」から「売り」に引き下げた。同業のHSBC<HSB
A.L>との競争が徐々に増すとの見方を示した。
    主要な産業用金属の値下がりに伴いFT350種鉱業株指数 は0.95
%低下した。
    セキュアエクイティのシニアトレーダー、ジャワイド・アフサー氏 は「英国の株式
市場は今週、売りに押され気味のスタートを切った。大手投資銀行による投資判断引き下
げで主要銘柄が打撃を受けた。OPECの会合を前に市場心理が悪化している面もある」
と述べた。
    石油輸出国機構(OPEC)加盟国は28日までアルジェリアで開かれている国際エ
ネルギーフォーラムに合わせ、増産凍結の可能性について協議する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below