Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル100円前半で小動き、米大統領候補討論会を前に様子見ムード
2016年9月26日 / 23:12 / 1年前

〔マーケットアイ〕外為:ドル100円前半で小動き、米大統領候補討論会を前に様子見ムード

[東京 27日 ロイター] -

<8:10> ドル100円前半で小動き、米大統領候補討論会を前に様子見ムード

ドル/円は100.33円付近。米大統領候補討論会を前に様子見ムードが出ているとされ、心理的節目100円を目前にしながら小動きとなっている。

討論会では「クリントン候補の健康不安が意識されるとドル売りになりやすい」(国内金融機関)と警戒されている。

欧米株安の流れを引き継いで日経平均株価の下げがきつくなるようなら「討論会の前でも、下方向を試すムードが出るかもしれない」(国内金融機関)との声も聞かれた。

<7:47> ドル99.80─101.00円の見通し、米大統領選討論会で神経質な値動きか

ドル/円は100.30円付近、ユーロ/ドルは1.1253ドル付近、ユーロ/円は112.90円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が99.80─101.00円、ユーロ/ドルが1.1200─1.1300ドル、ユーロ/円が112.30─113.50円とみられている。

東京時間の午前10時から米大統領選の候補者による討論会がある。議論における各候補の形勢を見ながら、ドル/円は神経質な値動きになりそうだという。「相場の目線はどちらかというと下向きになっている。正午にかけて100円の攻防があるかどうか要注意」(国内金融機関)との指摘があった。

このほかのイベントとしては、日本では日銀金融政策決定会合議事要旨(7月28・29日分)が公表されるほか、米国では総合PMI速報値、消費者信頼感指数などの指標、フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長の講演予定がある。

前日の海外時間には、ドルが対円で下落。日銀の黒田東彦総裁の講演・会見における発言で、円を大きく押し下げる措置は今後も打ち出されないとの見方が強まった。ドル/円は一時100.25円に下押しした。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below