Reuters logo
台湾株式市場・中盤=反発、中銀会合待ち
2016年9月29日 / 04:21 / 1年前

台湾株式市場・中盤=反発、中銀会合待ち

[29日 ロイター] - 
  加権指数       前営業日比    売買代金
    0403GMT 9284.37     89.85高    542.7億台湾ドル
  前営業日終値    9194.52  90.10安
    
  29日中盤の台湾市場の株価は反発。台風で27、28日と休場していたが、海外株
高が投資家心理を押し上げた。
 
    市場関係者は台湾経済の手掛かりを得るため、きょうの取引終了後に開催される台湾
中央銀行の金融政策決定会合を待っている。
 
    ロイターの調査によると、輸出見通しの改善を背景に、台湾中銀は1年ぶりに金利を
据え置く見通し。
 
    0403GMT(日本時間午後1時03分)時点で、加権指数 は89.85
ポイント(0.98%)高の9284.37。26日は1%安で終了していた。
 
    電子製品指数 は1.2%高。金融保険指数 は0.6%高。
 
    活発に取引された銘柄のうち、政府系大手金融グループの兆豊金融控股(メガ・ホー
ルディングス) は銀行部門に対する捜査の進展を受け、安寄り後に上昇に転じ
ている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below