Reuters logo
欧州株式市場=ほぼ横ばい、製薬株売られるも石油株に買い
2016年9月29日 / 18:01 / 1年前

欧州株式市場=ほぼ横ばい、製薬株売られるも石油株に買い

[ロンドン 29日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値    前日比       %  前営業日終値  コード
 FTSEユーロファースト3    1350.02     +1.71    +0.13       1348.31          
 00種                                                                  
 DJユーロSTOXX50種    2991.58     +0.47    +0.02       2991.11             
        
    欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。製薬株が売られる一方、石油輸出国機構(OP
EC)による減産合意で石油株は買われた。無配となったドイツのコメルツ銀行 は値
を下げた。
    OPECは28日、原油生産量を日量3250万ー3300万バレルに制限することで合意
した。ロイターの推計では8月の生産量は日量3350万バレルだった。
    STOXX欧州600種石油・ガス株指数 は4.35%上昇し、約7カ月ぶりの大
幅な値上がりとなった。個別銘柄では英タロー・オイル が9.8%の急騰。フランスの
トタル とイタリアのENI 、英オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa
.L>は4.2%から6.6%上昇した。
    OPECの原産合意で原油は一時値上がりしたものの、一部の投資家は減産の有効性につい
て懐疑的で、29日は原油が再び値下がりした。
    カッサ・ロンバルタの研究・投資部門の責任者マルコ・ヴァイラーティ氏は「市場はOPE
C合意に過剰に反応した。原油価格は一定の相場レンジにとどまっている。OPECの産油高が
世界全体の40%以下であることを踏まえると、原油価格は上がるかもしれないが、そうは大き
くは変わらないだろう」と述べた。
    コメルツ銀行は3.1%安。ドイツのクセトラDAX指数 の構成銘柄の中で最も大
きく落ち込んだ。社員の2割以上を削減するとしたことや、配当を停止するとしたことが嫌気さ
れた。
    インスリン世界最大手、デンマークのノボ・ノルディスク は3.5%下落した。
経費削減の一環で人員を削減すると明らかにした。
    アウトソーシング事業を手掛けるキャピタ は26.7%の急落。約4年ぶりの安値
となった。通期の利益見通しを引き下げたことが嫌気された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below