Reuters logo
北海ブレント50ドル台回復、減産合意と株安・ドル高見極める動き
2016年10月3日 / 15:47 / 1年前

北海ブレント50ドル台回復、減産合意と株安・ドル高見極める動き

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 3日の原油先物相場は、北海ブレント先物 が上昇した後、やや戻したものの50ドル台の高値圏で推移している。石油輸出国機構(OPEC)は前週、約8年ぶりに減産で合意したが、市場では株安・ドル高と同合意との兼ね合いを見極めようとする動きが出ている。

北海ブレント先物6週間ぶり高値の1バレル=50.90ドルまで上昇。米東部時間午前10時46分(日本時間午後11時46分)現在、0.09ドル(0.2%)高の50.28ドルで推移している。

米国産標準油種WTI は一時1バレル=48.87ドルと、7月5日以来の高値に上昇。その後は48.24ドルで推移している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below