Reuters logo
マイナス金利政策深掘り、リスク拡大の恐れ=メルシュECB専務理事
2016年10月3日 / 16:46 / 1年前

マイナス金利政策深掘り、リスク拡大の恐れ=メルシュECB専務理事

[フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は3日、銀行に対する阻害要因が恩恵を上回れば、マイナス金利政策の深掘りによりリスクが拡大する恐れがあるとの考えを示した。

同専務理事は「金利引き下げには限度がある」とし、低金利による阻害要因が恩恵を上回る時点が限度となると指摘。現在は阻害要因がやや上回っている状態と見ているが、それほど大きく上回っているわけではないと述べた。

ただ金利を一段と引き下げれば、リスクが拡大する恐れがあるとの考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below