Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル小動き、中銀理事会には反応薄
2016年10月4日 / 06:01 / 1年前

シドニー外為・債券市場=豪ドル小動き、中銀理事会には反応薄

[シドニー/ウェリントン 4日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルは、約1カ月ぶりの高値付近で小動き。

豪中銀はこの日、市場の予想通り政策金利を据え置いたが、投資家の反応は鈍く、来月以降の利下げの可能性は高くないとの見方が広がっている。

豪ドルは1豪ドル=0.7670米ドル付近。チャート上重要な上値抵抗線の0.77米ドルに迫っている。

中銀のロウ新総裁は追加利下げを示唆してはおらず、政策スタンスは「持続可能な経済成長と一致しており、長期的なインフレ目標を達成できる」と指摘している。

先物市場<0#YIB:>に織り込まれている12月までの利下げの確率は24%と、前週の30%超から低下している。

CBAのチーフエコノミスト、マイケル・ブライズ氏は「国内経済に追加支援が必要だとは言いがたい」と指摘。「豪ドルは上昇しているが、商品価格も上昇している。追加利下げに効果はあるのか、むしろ金融の安定を脅かすのではないかといった議論が出ている」と述べた。

豪ドルは対円 では0.5%高の1豪ドル=78.30円。9月の日銀短観でインフレ期待が鈍化したことが背景。

シンクマーケッツのシニアアナリスト、マット・シンプソン氏は「(短観を受け)日銀がさらに積極的に動く必要があるとの見方が広がった。市場は日銀の追加緩和を急速に織り込んだ」と述べた。

NZドル は1NZドル=0.7288米ドルと、小幅高。

ニュージーランドの第3・四半期の企業調査では、企業信頼感が大幅に改善したが、物価上昇圧力は弱かった。

ANZ銀行のチーフエコノミスト、キャメロン・バグリー氏は「景気は良好で、設備稼働率も上がっているが、物価が欠けている」と指摘。「11月の利下げ確率が高いことに変わりはない」と述べた。

豪政府債先物は下落。3年債 は5ティック安の98.47。10年債 は4.5ティック安の97.965。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below