Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国反落、規制巡り懸念 香港続落
2017年2月27日 / 09:00 / 7ヶ月前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国反落、規制巡り懸念 香港続落

 (内容を追加しました)
    [上海 27日 ロイター] - 
 中国                           終値      前日比         %         始値          高値           安値   売買代金概算
 上海総合指数              3,228.6602   - 24.7725     - 0.76  3,249.1945    3,251.6543     3,224.0884      2111.0億元
 前営業日終値              3,253.4327                                                                    (上海A株)
 CSI300指数<.CSI30    3,446.905    - 26.947     - 0.78   3,471.132     3,472.836      3,441.394   
 0>                                                                                                     
 前営業日終値               3,473.852                                                                   
 
 香港                           終値      前日比         %         始値          高値           安値    売買代金概算
 ハンセン指数               23,925.05     - 40.65     - 0.17   23,941.81     24,067.68      23,822.88    744.8億香港ド
                                                                                                                    ル
 前営業日終値               23,965.70                                                                                 
 ハンセン中国株指数<.HSC    10,330.85     - 87.81     - 0.84   10,395.02     10,446.59      10,306.32                 
 E>                                                                                                     
 前営業日終値               10,418.66                                                                                 
 
    
    中国株式市場は反落。CSI300指数は過去2カ月間で最大の下落率を記録した。証券監督当局が投機抑制への取り組みを強
化する方針を示したことや、新規株式公開(IPO)規制の緩和を示唆したことが背景。
    上海総合指数終値は24.7725ポイント(0.76%)安の3228.6602。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は26.947ポイント(
0.78%)安の3446.905。下落率は昨年12月23日以来の大きさ。
    中国証券監督管理委員会(CSRC)の劉士余主席は26日の記者会見で、2017年は資本市場の安定的な発展に注力すると
述べた。
    ただ、セカンダリー市場を安定させるためにIPOを制限・停止することは「資本市場の長期的・健全な発展という課題を解決
しない」とも発言。株式の供給が今年増加するとの警戒感が広がった。
    また中国保険監督管理委員会(保監会)は週末、投機的な取引を行ったことを理由に、宝能集団の保険子会社に対して罰則措置
を科した。これを嫌気して、宝能集団傘下の南寧百貨大樓、中国南玻集団、中炬高新技術実業
が軒並み下落した。
    セクター別では運輸株中心に大方が値下がりした。
    一方、宝山鋼鉄が武漢鋼鉄を吸収合併して誕生した新会社は7.4%上昇した。
    
    香港市場は3営業日続落。ここ数カ月の相場上昇が一服している。
    ハンセン指数終値は40.65ポイント(0.17%)安の2万3925.05。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は87.81ポイント(0.84%)安の1万0330.85。
    ハンセン指数は、米株高や中国本土からの投資を追い風に年初来8%超上昇。テクニカル面から見ると買われ過ぎの領域に入っ
ており、利食い売りの圧力が強まっている。
    UBS証券の中国戦略責任者は、中国の規制当局がリスク抑制を柱に据えたことで、保険会社によるセカンダリー市場での株式
投資が減少するとの見方を示した。ただ、それでも保険会社は今年、香港への投資の主要な担い手になるだろうと指摘した。
    この日は大半のセクターが下落し、エネルギー株の下げが目立った。
    個別では香港取引所が1.3%安。手数料収入の落ち込みで2016年決算が27%減益となったことを嫌気した。    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below