Reuters logo
UPDATE 1-米FRB、「旧来型」連続利上げ実施へ=ガンドラック氏
2017年3月8日 / 00:23 / 7ヶ月前

UPDATE 1-米FRB、「旧来型」連続利上げ実施へ=ガンドラック氏

(内容を追加しました)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米資産運用会社ダブルライン・キャピタルを率いる著名投資家ジェフリー・ガンドラック氏は7日、米連邦準備理事会(FRB)が「旧来型」の連続利上げを「区切りが見える」まで実施すると見込んでいると述べた。

同氏は、2015ー16年は連続利上げとならなかったが、米経済指標は早ければ3月14─15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定し、年内にさらなる利上げを実施するための支援材料になっていると指摘した。

ガンドラック氏は投資家向けのウェブキャストで「FRBに対する信頼感は実に大きく変化した」と述べ、「FRBに耳を傾ける債券市場において、FRBは多くの敬意を集めている」と指摘した。

3月利上げの可能性に関しては、米ニューヨーク連銀のダドリー総裁が市場への意思伝達を主導した。

総裁は前週、テレビインタビューで「アニマルスピリットが放たれた」と発言したほか、トランプ大統領の選出と議会での共和党優位によって金融引き締めの根拠が「かなり強まった」との認識を示した。

ガンドラック氏は米経済について、インフレ圧力が強まっているほか、企業の信頼感も上向いているとし、その結果、株価は「徐々に上昇」すると指摘した。

ただ、米国株は割安ではないとの見方をあらためて示し、現在の経済情勢を踏まえて米財務省インフレ連動債と金を保有していることを明らかにした。

ドイツ連邦10年債については、売り持ちにする方が「買い持ちよりはるかに賢明だ」と述べた。

また、ロイターのインタビューでは金融株を売却したことに言及した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below